糖尿病と肩こりと服用率について

糖尿病の方の数は、日本でもとても多いです。
患者さんは、とても多く、一見すると細くて、肥満とは無縁に見える方ですら、糖尿病であることもあり、本当に日本人には多い病気の1つです。
糖尿病の患者さんは、上記のように、痩せている方も多いのですが、太っている方が多く、メタボリックシンドロームの数値に、当てはまってしまっていることが多いです。
また、糖尿病であるため、薬の服用率はとても多く、例えば、血圧などの関係のお薬であったりと、いろいろなお薬が処方されているため、糖尿病患者さんは、服用率についても、他の健康な方と比べて、お薬の量が多いものです。
また、糖尿病の他にも、糖尿病のために引き起こされる病気を治すために、お薬を飲むことがあるため、服用率が高くなってしまうという悪循環があります。
例えば、薬ではないですが、患者さんは、首回りにお肉がついてしまうことから、肩こりだけでなく、睡眠時無呼吸症候群にもなりやすくなってしまっています。

糖尿病の患者さんは、上記のように、太っている方が多いため、どうしても首回りにお肉などがつきやすくなってしまいます。
その結果、肩こりなどが発生してしまい、マッサージなどを施術のお願いをする方も多いです。
また、太ってしまう原因に、運動不足などがあり、それがさらなる悪循環となり、肩こりを引き起こしてしまっています。
運動不足を行うと、健康な人でも肩こりになりやすいからです。
これはなぜかというと、あまり体を動かさない、このことで血液の巡りなどが悪くなり、筋肉が凝り固まってしまうことが原因とされています。
健康な人であっても、上記のように体を動かさないと血流の関係から、肩こりが生じやすくなってしまうのです。

関連記事はこちら

google+TwitterFacebookハテナポケットフィード